デジタルアーカイブ・Linked Open Data / RDFソリューション

デジタルアーカイブ・機関リポジトリ・オープンデータの公開ならInfoLib

ホーム特長製品紹介導入事例活用シーン保守サービスFAQ

活用シーン InfoLib

1.機関リポジトリとしての活用

簡単に構築できます

お手持ちの目録情報(Excel等)と論文(PDF等)をアップロードして簡単な設定を行うだけで機関リポジトリを構築できます。

InfoLib 製品イメージ1

引き継ぎもらくらく

人事異動の多い大学図書館や研究機関の現場では、構築したシステムの引継は大きな負担となっています。InfoLibはExcelファイルとPDFファイルをアップロードするだけシンプルな操作なので引継も簡単です。

InfoLib 製品イメージ2

国立情報学研究所との連携も可能

国立情報学研究所(NII)からの目録収集(ハーベスティング)に対応しています。

InfoLib 製品イメージ3

2.公文書館の目録データベースとしての活用

公文書館でも使われています

目録情報(Excel等)と本文(PDF、JPEG等)を簡単に公開できるので、InfoLibは公文書館でも利用されています。検索結果から目録情報を選択して「利用票」や「複写申込書」等を作成することもできます。

InfoLib 製品イメージ4

複数のデータベースを公開できます

InfoLibでは複数のデータベースを構築できるので、行政文書、古文書、図書・雑誌・行政刊行物、写真、古地図等様々な収蔵資料のデータベースを構築し公開できます。

InfoLib 製品イメージ5

他の公文書館からの横断検索にも対応

国際標準の検索プロトコル(Z39.50)に対応しており、他の公文書館からの横断検索にも対応できます。

InfoLib 製品イメージ6

3.企業の製品データベースとしての活用

製品データベースの公開

お手持ちの製品情報(Excel等)や製品画像をアップロードして簡単な設定を行うだけで製品データベースを構築できます。

InfoLib 製品イメージ7

クラウドサービスで安価に構築

クラウドサービス版を使うと初期コストを抑えてデータベースを構築できます。

InfoLib 製品イメージ8

大量データに対応

100万件を超えるデータベースでもらくらくと構築できます。大量の製品情報の公開にお困りの場合でも大丈夫。大量データの高速検索を実現しています。

InfoLib 製品イメージ9

まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問合せは 03-6866-3640(東京)06-6268-3311(大阪)
WEBからのお問合せ お問合せ資料請求

ページTOPへ

インフォコムグループサイトのご案内